マグカメラ

優柔不断なライフログ -カメラ・ガジェット・食べ物など-

【Df魔改造】中華性L字グリップとPeak DesignのclutchでDfのグリップ性能を爆上げしてみた!

f:id:shiitakeoishi:20181030004138j:plain

全国のNikon Dfユーザーの皆様、こんにちは。マグカメラです。

初めに断っておきます。今回はDfユーザー以外全く参考にならない記事になります

そもそも、Dfというのは一眼レフ機でありながらフィルムカメラライクな見た目をしているという点でかなりニッチなカメラ。最近のミラーレスカメラでは珍しくもなくなってきましたが、一眼レフ機でこのようなデザインは未だに唯一無二。こんなニッチ機種ユーザー専用の記事を書いてもあまり数字は取れないでしょう。いいんです。それでもやるのがNikon Dfファン魂なんです!!

で、このフィルムライクなデザイン。そのせいで犠牲になってしまったのが・・・そう、グリップ感ですね!!(他にも速写性とか色々ありますが・・・笑)

f:id:shiitakeoishi:20181029224004j:plain

最早、掴むというより親指とその他の指で挟んでいるといっても過言ではない浅いグリップ感。Nikon Dfユーザーなら一度は気になったことがあるのではないでしょうか?

今回はそんなDfのグリップ力を改善できそうなアイテム見つけてたので紹介したいと思います。

Dfのグリップ

先程、Dfのグリップ感が良くないと述べました。じゃあ、どのくらい悪いのかというと・・・実は、個人的には、使えない程ではないというのが印象です。

そもそも購入して2年以上使い続けているわけですからね。Dfは発売当初世界最軽量のフルサイズ一眼レフとして登場した軽量機でもありますので、その軽さ故に、グリップ感の悪さが致命的な影響を与えることがありませんでした。「良くはない・・・が使えないこともない」というギリギリの線をNikonは上手く攻め込んだと思います。

更にNikonは公式で金属性グリップのオプションを用意しています。

ただ、これ・・・あまり深いグリップではないですよね。カメラの高さが数mm高くなるので小指あまりがなくなる効果はあるのでしょうが、肝心のグリップ感がいまいち不安です。安ければ試してみるのですが、そこは公式グリップ。これで1万円近くしますからね。1万円を賭ける程グリップに困っていなかったこともあり長らく放置していました。

それから半年後。
今回紹介するアイテムを見つけたのは、グリップではなくL字プレートを探していた時のことです。

普通のDf用L字プレートはこのようなボディの左手側にしかプレート内ものなのですが、今回見つけたのがこちら!!

f:id:shiitakeoishi:20181029224243p:plain


ハンドグリップ付のL字プレート!!


なんと中華系ネット通販サイトAliExpressにしか売っている通販サイトがない超ドマイナー製品! 死ぬほど調べましたが日本の通販サイトでは見つけられませんでした。AliExpressにしかないんです。

並々ならぬ不安を抱えつつも、ポチり

www.aliexpress.com

僕が購入したのはこのページからですが・・・

www.aliexpress.com

改めて調べたらもっと安い出品もありますね。失敗した・・・。

AliExpressの細かい使い方はググって頂けば色々見つかりますが、今回の購入では一番送料の安いAliExpress standard shippingを選択。2週間程で届きました。4ドルくらいの配送料含めて5,000円程度です。今回見つけた販売元からならもしかしたら2500円程度で購入できたかもしれませんが、とにかく安い!!

通販の信頼性という面では、早い段階からトラッキングできるので意外と安心して使えるんだなーというのがAliExpressへの個人的な印象。まあ、トラッキングの反映にすこし時差があったような気もしますが笑

これからも、ニッチなアイテムはAliExpressで探してみてもいいかもしれないなあ。

中華製だが造りは悪くない!

f:id:shiitakeoishi:20181030000721j:plain

f:id:shiitakeoishi:20181029224334j:plain

ということで、海外感バリバリの梱包で無事到着。

中身は説明書等一切なく、本体と3本のサイズ違いの六角レンチのみ。

f:id:shiitakeoishi:20181029224550j:plain f:id:shiitakeoishi:20181029224619j:plain f:id:shiitakeoishi:20181029224631j:plain f:id:shiitakeoishi:20181029224632j:plain

バリもなく、電池の蓋の開閉もしっかりできます。何のためかはわかりませんがグリップ部の裏には線状の加工が綺麗になされており、安っぽさはありません。むしろしっかりとした質感を感じますね。

f:id:shiitakeoishi:20181029230009j:plain

早速取り付けてみましたが、擦れて本体が傷つくようなこともありません。素晴らしい!!

f:id:shiitakeoishi:20181029230030j:plain

しっかりカメラ本体のグリップ部と隙間もあります。これならグリップのせいで本体側が傷つく、なんてこともなさそう!!

f:id:shiitakeoishi:20181029230109j:plain

ただ、HDMIケーブルやUSB端子カバーは構造上を引っ掛ける隙間がなく、かなり開けづらくなりますのが欠点ですね。僕の場合、HDMIやUSBは使わないし、レリーズは電子レリーズではなくシャッターに取り付けてのケーブルレリーズを使うので問題ありませんが。

せっかくDfを使うならケーブルレリーズが良いですよね!!笑

で、肝心のグリップ感ですが・・・う、うーん?良くなった・・・かな・・・?

f:id:shiitakeoishi:20181029230200j:plain

グリップが深くなり掴みやすくなったのは確かなのですが、その代わり150g程増量したことと、グリップが金属のためつるつる滑ってしまうこと。これが行って来いで、結果としてはほんの僅かに改善したかも?レベルで収まっています。

正直、期待はずれ。うーん、これは失敗したかなあ・・・


なんて結論で、今回は終わらせません!!

グリップが滑るなら革を貼ればいいじゃない

必要は発明の母・・・ではありませんが、探せばでてくるものです。

f:id:shiitakeoishi:20181029230237j:plain

Nikon風貼り革です。
2,000円弱と結構なお値段はしますが・・・。正直1/4以下のサイズでいいのでもっと安く売って欲しい笑

使い方は簡単で、革のシートが一枚と両面テープのシートが一枚入っています。それぞれを必要な形に切って貼るだけ!さあ貼るぞ!!

f:id:shiitakeoishi:20181029230305j:plain

し、失敗した・・・

グリップ部が段になっているので、四角形に貼り革を切るとシワの発生を避けられません。ですが、段でシワのでない切り方なんて素人には無理。ならば・・・

段を避けて貼るまで!!

f:id:shiitakeoishi:20181029230333j:plain

あれ・・・なかなか良い感じじゃないですか!!?

f:id:shiitakeoishi:20181029230422j:plain

太陽光の下でも、違和感のないビジュアル!革を二枚に分けたことがむしろデザイン的に利いている気もします。若干マッシブになったDfが格好良い!!

f:id:shiitakeoishi:20181029230447j:plain

側面から見た時だけは、さすがにグリップを着けている感もありますが、目立ちもしません。Nikon風の張り革なだけあって、ボディとの調和が素晴らしいです

f:id:shiitakeoishi:20181029230501j:plainf:id:shiitakeoishi:20181029230505j:plain

当然L字プレートなので、しっかりとアルカスイスプレートに取り付きます。縦位置もなんのその!!

肝心のグリップ感ですが革がしっかりと滑り止めになっており、非常に掴みやすくなりました

f:id:shiitakeoishi:20181029230532j:plain

かつての浅いグリップでは決してできなかった指に引っ掛けて持ち上げる、なんて芸当も簡単にできます。かつてない握り心地に、意味もなくカメラを持って鏡の前に立ってしまいます笑

まるで新しいカメラを買ったかのようなわくわく感。カメラを持つことが楽しくなりました。貼り革+L字ハンドグリップは大正解!!・・・でもまだ終わりません!!

Peak Design clutchを導入し最強のグリップへ

Peak Designが誇る最高のハンドストラップclutch。昔から気にはなっていたのですが、ここまで来たらこいつも導入してやろう!!ということで買ってきました。

f:id:shiitakeoishi:20181029231735j:plain

f:id:shiitakeoishi:20181029231804j:plain

f:id:shiitakeoishi:20181029231810j:plain

カメラ下部はPeak Designおなじみのアンカーで締結ですが、上部はクリップ。ハンドストラップにしては簡単に取り付けられますが、アンカーと比較すると若干やり辛いですね。ただ、ネックストラップを付ける場合でもハンドストラップを取り外す必要はないので、基本はつけっぱなしです。アンカーである必要がないのかもしれません。

銀色の留め具を引っ張ることで簡単に長さを調整できます。相変わらずPeak Designのアイテムは調整しやすくて良いです

f:id:shiitakeoishi:20181029231911j:plain

ということで、早速Dfにつけてみてトライ!これはもう間違いないですね。今までカメラの保持はすべてグリップの握りだけに頼っていたわけですが、ハンドストラップを装着することで、手の外側から包み込んでくれる力が加わったんです。楽にならない訳がありませんね。

f:id:shiitakeoishi:20181029231924j:plain

極端な話、このようにカメラから手を話しても落とさないで済みます。これは楽!!

しかもネックストラップは首にかけないとプラプラして邪魔でしょうがありませんでした。カメラを置いた状態からパッと撮影に移ることができず、一度ストラップを首にかける煩わしさがありました。ハンドストラップは、そのような手間は一切要りません。取り扱いがかなり良くなりますね。ハンドストラップ派が多いのも頷けます。

f:id:shiitakeoishi:20181029231946j:plain

ただ、Nikon Dfはストラップを取り付ける三角環がグリップに対しかなり前の方に位置しています。そのため、人指し指までストラップに通してしまうとシャッターが押せません。

f:id:shiitakeoishi:20181029232000j:plain

人指し指をストラップに通さずに使うと、手の甲をガッチリホールドするはずのclutchが若干微妙な位置に・・・。Dfの構造上の問題でclutchの力を100%発揮できていないのが残念です。

が、そうはいってもホールド感が向上したのは事実!もっと早くから試すべきだった・・・笑

グリップ力がUPして良かったこと

ハンドグリップ付きL字プレートに、貼り革、ハンドストラップと手を変え品を変えグリップ力・ホールド力強化に努めてきた今回。

当然持ちやすさや取り回し易さが向上した訳なんですが、メリットはそれだけに留まりません。

f:id:shiitakeoishi:20181029233959j:plain

これまではカメラを掴むために人指し指と親指以外の全ての指はグリップから離すことのできませんでした。そのためカメラ前面にあるサブコマンドダイヤル、Pvボタン、Fnボタンの3つのボタンはほぼ使えない状態だったんです

f:id:shiitakeoishi:20181029232103j:plain

f:id:shiitakeoishi:20181029232110j:plain

勿論頑張ればボタンを押せないこともないのですが、頑張らなきゃ押せないボタンなんて使わなくなります。特にDfユーザーの間でも悪名高い(?)サブコマンドダイヤルは、ボタンの薄さや硬さもあってとにかく回しずらいです。頑張って回すと3回に一回は指が滑ってボディに爪をぶつけてしまう。

結局僕はカメラ裏側のメインダイヤルを絞りの調整用に設定し、シャッタースピードは上面のダイヤル操作での調整に落ち着きました。ダイヤルでの設定はむしろDfの醍醐味的なところもあるので、基本はそれでも構いません。ただ、「ここは1/125じゃなくて1/100がいいんだよなあ」という時でも、ダイヤルだと1段ずつしか弄れないため一気に1/60に飛んでしまいます。1/3段ずつ弄"ら"ないのは良いんですが、弄"れ"ないのは少し気にはなっていました

f:id:shiitakeoishi:20181029232143j:plain

ところが今回の対策で、指でのホールドが楽になり、人指し指を比較的自由に使えるようになると、結果サブコマンドダイヤルが回しやすくなっている!!

更には、小指と薬指と親指だけである程度しっかりグリップできるので、人差し指だけではなく中指でもサブコマンドダイヤルを操れます。(ハンドストラップをつけてしまうと中指での操作はできなくなりますので、そこは良し悪しですが・・・)

また、PvボタンやFnボタンも押しやすくなったことで、実用的なボタンへと様変わり。ここにはある程度機能を割り振れるので、Pvボタンは使用頻度の高い「撮影画像の再生」機能、Fnボタンには汎用性の高い「マイメニュー」機能を割り当てました。「マイメニュー」からはホワイトバランスやISO感度、インターバルタイマー、多重露出などを僕が使いうる大抵の機能を登録してあるので、ほぼ全ての操作を右手だけで完結することができます!!これ、他のレフ機ならそこまで大した話ではないかもしれませんが、Dfというカメラにおいては使いやすさの革命といっても良い改善です

グリップ性を上げたかっただけで、ここまで望んでいた訳ではなかったので、なんだか得をした気分です。グリップ性能って大事ですね。

マグカメラ的まとめ

f:id:shiitakeoishi:20181030004703j:plain

ということで、Dfのグリップ性能を底上げしてみようという試みでしたが如何だったでしょうか。個人的には大成功なんじゃないかってくらいの満足感です

いろいろ買った気がしますが、結局はL字ハンドグリップが5,000円、貼り革が2,000円、ハンドストラップが4,000円。占めて110,000円なので、Nikon公式のグリップとそう変わらない投資額でここまで改善できます。これはもう絶対こっちの方がお得でしょう!L字ハンドグリップに至っては、あと3,000円安く購入できる出品先もありますので公式グリップより安価で揃えられる可能性もあります。

うーん・・・これはDfユーザー的には結構な発明なんじゃないでしょうか??

www.aliexpress.com

www.aliexpress.com

今回はここまでです。お読み頂きありがとうございました。